編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

米ヤフー、政府によるデータ収集関連の過去の訴訟記録公開を要求

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部

2013-07-11 13:16

 米Yahooは、米国家安全保障局(NSA)の監視プログラム「PRISM」に対する顧客情報の提供について、自社が関与していないことを示すための戦いを続けている。

 Yahooは、機密扱いとなっている2008年の訴訟に関連する文書を公開するよう裁判所に申し立てた。Mercury Newsによると、これらの文書は、米政府に顧客データを提供することについて、Yahooが「強く反対した」ことを示しているようだとしている。

 Yahoo側の弁護士を務めるMarc Zwillinger氏とJacob Sommer氏は米国時間7月9日に裁判所に提出した書類で、「米政府による命令権の行使についてこの裁判所がどのように考え、審査しているのかを高まる国民的議論に提示する上で、当時の裁判所の判断と両当事者による状況説明を公開することが必要だ。裁判所は長きにわたり、国民に裁判記録を入手する権利があると認めてきた」と記している。

 法廷の文書の大半は公文書だが、Yahooの2008年の訴訟は、外国諜報活動偵察法(FISA)のもとで起こされたものだ。これはつまり、あらゆるものが機密扱いとされていたことを意味しており、Yahooは6月まで、その訴訟に関与していた事実を公表することすら許されていなかった。

 Yahooの今回の目標は、6年前のこの法廷文書を公開することだ。この訴訟の内容が明らかにされるかどうかはまだ分からない。しかし、仮に明らかになれば、NSAの行き過ぎた行為を示すものであり、状況がさらに興味深いものになる可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]