編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

動画での戦術確認にWindows AzureとSurfaceを採用

山田竜司 (編集部)

2014-01-23 17:59

 横浜F・マリノスは、IaaS/PaaS「Windows Azure」とタブレット「Surface」を活用して試合や練習の映像から個人のスキルアップを目指す。日本マイクロソフトが1月23日に発表した。。

 横浜F・マリノスはWindows AzureとSurfaceで、チーム内で動画を共有する。ユースチーム向けで活用する。選手やコーチは、Windows Azure上に保存した試合や練習の映像をSurfaceで確認し、個人のスキルアップやチームの戦術確認の効率化を目指す。

 これにあわせて、横浜F・マリノスを運営する横浜マリノスと日本マイクロソフトは、両社がパートナーシップ契約を締結した。


動画で戦術を確認(日本マイクロソフト提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]