レノボによるIBMサーバ事業買収に「待った」--米治安当局などが安全保障上の懸念示す

Charlie Osborne (CNET News) 翻訳校正: 編集部 2014年06月27日 09時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE IBMの「x86」サーバ事業を買収するレノボの計画が、国家安全保障上の懸念で遅延している。

 The Wall Street Journal(WSJ)によると、米治安当局や対米外国投資委員会(Committee on Foreign Investment in the United States:CFIUS)は、買収が承認された場合に米国の国家安全保障に支障が生じる可能性があるとの懸念を示しているという。

 IBMのサーバは、米国防総省のシステムを支える通信ネットワークやデータセンターで使用されている。本件に詳しい情報筋らによると、レノボがIBMのサーバ事業を買収する場合、米国防総省のネットワークが「中国側のスパイ」に遠隔からアクセスされる恐れがあると懸念しているという。

 23億ドルでの同買収は、2014年1月に発表された。

 WSJによると、IBMとレノボは、規制当局の承認を得るための時間を稼ぐために、申請書を再提出したという。両社はCFIUSによる懸念に対処しようとしており、売却が完了した後は「期間を延長して」、IBMがレノボに代わってサーバの保守を継続することを明らかにした。保守の範囲は、ソフトウェアアップデートからハードウェアの変更に及ぶ可能性がある。

 x86事業の場合、サーバ同士を結び付けることで小さなクラスタをより高性能なマシンとして機能させているため、ネットワークに対するこうした無許可の接続や経路が米国の国家安全保障上、問題となる可能性がある。

 IBMの広報担当者は、両社は審査の結果、前向きな結論に達することを期待していると述べた。

 レノボとIBMによる取引をめぐり米政府が懸念を表明したのは、今回が初めてではない。WSJの取材を受けた匿名のサイバーセキュリティ担当の軍高官によると、IBMがPC事業をレノボに売却した2005年以降にレノボ製ノートPCの納入を受けた米空軍は、納入されたレノボの各モデルをテストした結果、これらのノートPCが「中国に接続」されていることを発見した。これらの接続の意図は不明だが、許可されていないものだった。結局、これらのノートPCは直ちに返却され、代わりに米国を拠点とする企業のマシンが購入された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算