編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

インテル、米国でASUSの「PadFone X mini」にチップ提供

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-10-16 10:59

 Intelは台湾のデバイスメーカーASUSのおかげで、ようやく米国のモバイルデバイス市場でチャンスをつかんだ。Intelは米国時間10月14日、同社のプロセッサがASUSの「PadFone X mini」に搭載されることを明かした。PadFone X miniはスマートフォンとタブレットのハイブリッドで、AT&Tが独占販売する。価格は契約なしで200ドルだ。ASUSは同社のデバイスで、マトリョーシカ型の製品を提供する戦略を採用しているが、PadFone X miniもその戦略に沿った製品で、4.5インチスマートフォンが7インチの本体タブレットに直接ドッキングする。そのため、1台のデバイスで2つのスクリーンサイズを利用することが可能だ(タブレットも価格に含まれているが、内側にスマートフォンをドッキングした状態でないと使用できない)。

 Intelの成功は、正真正銘のモバイルデバイス向けチップサプライヤーとなることを目指す同社の取り組みにおいて、小幅だが重要な進歩だ。米国で高速4G LTEワイヤレステクノロジ対応スマートフォンにIntelのプロセッサが搭載されるのは、PadFone X miniが初めてだ。現在、米国市場を支配しているのは、Qualcommと同社の「Snapdragon」シリーズのプロセッサである。

 Intelのモバイルおよび通信事業担当バイスプレジデントであるHermann Eul氏はインタビューで、「われわれはこの製品に関して、間違いなく楽観的な見通しを持っている。米国市場に参入して、AT&Tのネットワークに乗ることができたことは、当社にとって重要なことだ。したがって、これらは弊社にとって重要なマイルストーンである」と述べた。

提供:Intel
PadFone X mini
提供:Intel

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]