モジラ、「Firefox 41」をリリース--パーソナライズ機能や通信機能を強化

Steve Ranger (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-24 11:42

 Mozillaが「Windows」「Mac」「Linux」および「Android」向けに「Firefox 41」を公開した

 Firefox 41には、「Firefox」アカウントをパーソナライズして、パスワードやブックマーク、履歴、開いたタブなどのウェブ閲覧データをデスクトップやモバイル端末の間で共有できる機能を提供するアップデートが含まれる。自分のアカウントに写真を追加することも可能になった。

 「Firefox Hello Beta」(MozillaがTelefonicaと共同開発した通信システムで、Firefoxに組み込まれている)には、WindowsやMac、Linuxでビデオ通話中にインスタントメッセージを送受信できる機能が追加された。

 ほかのアップグレードには、「Text Services Framework」の使用によるWindows(「Windows Vista」以降)でのIMEサポート強化が含まれる。また、SVG画像をファビコンとして使えるようになった。Mozillaによると、Firefox 41では、ボックスシャドウのレンダリングパフォーマンスも向上しているという。

 Firefox 41のAndroid版は、検索パネルからさまざまなプロバイダーを使って検索を実行できる機能、タブレットでスワイプ操作によってタブを閉じられる機能、重複ブックマーク検出機能によるブックマーク管理の改善などの新機能を含んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]