MS、「Office 365」で「Yammer」をデフォルト起動へ--「Facebook at Work」に対抗

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-03 08:59

 Microsoftは、より多くのビジネスユーザーに同社のエンタープライズソーシャルネットワークサービス「Yammer」を使用してもらおうと取り組みを強化している。

 Microsoftは米国時間2月2日から、ライセンスを保有するすべての「Office 365」商用版ユーザーに対して、Yammerがデフォルトで起動される設定を適用開始する。今後数カ月のうちに段階的に全ユーザーに適用される予定。

 Microsoftの顧客や観測筋の間では、2012年に12億ドルで買収した同エンタープライズソーシャルサービスについて、同社にまだ推進するつもりがあるのだろうかと疑う声も少なからずある中で、今回の動きがあった。

 2012年の買収以降、MicrosoftはYammerをチームワーク共有モデルの中心として再構築するべく取り組みを進め、その複数の中核技術をOffice 365に直接組み込んできた。

 Slack(Microsoftは最近、Skypeと統合する提携をSlackと締結している)などの新興企業の台頭や、「Facebook at Work」が2016年中に本格的に提供開始されると予測される中、Microsoft関係者らは、Yammerの推進にさらなる労力を投入することを決断したようだ。

 Microsoftの2日付けのブログ投稿によると、Yammerライセンスを保有するすべてのOffice 365ユーザーは、Office 365アプリランチャーからYammerにアクセスできるようになり、Yammerによる会話を「SharePoint」と「Office 365 Video Portal」、そしてまもなく「Delve」や「Skype Broadcast」でも開始できるようになるという。

 Yammerのデフォルト起動を望まないOffice 365ユーザーは、この設定をオフにすることができることをMicrosoft広報担当者は認めた。

 筆者の問い合わせに対して広報担当者は、「『SharePoint Online』や『Exchange Online』と同様に、Office 365ライセンスを割り当てられているすべてのユーザーに対してYammerがデフォルトで有効となる。自社組織内にYammerを完全導入する準備が整っていないIT管理者は、Office 365からYammerへのアクセスを禁止するユーザーのYammerライセンスの割り当てを解除することができる」と述べた。

「Office 365」商用版ユーザーに対してデフォルトで起動されるようになったYammer

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]