編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

BYODも一元管理でIT部門の手間を削減する「VMware Workspace ONE」の勘所

鈴木恭子

2016-02-11 08:00

 ヴイエムウェアは2月10日、エンドユーザーのデバイスやアプリケーション、サービスなどを一元管理する新プラットフォーム「VMware Workspace ONE」を発表した。今四半期中(1~3月)に提供を開始する。同社では、「Workspace ONEでIT部門は、ユーザー(ID)、デバイス、アプリケーションを効率的、かつセキュアに管理できる」としている。

 Workspace ONEは、ID管理やアプリケーション、エンタープライズモビリティ管理を統合することで、あらゆるデバイス上のアプリケーションを配信、管理するモバイルプラットフォーム。セルフサービスによるクラウド、モバイル、Windowsアプリケーションへのアクセスを管理するとともに、私物端末や会社支給端末のどちらも一元的に管理する。

ヴイエムウェア マーケティング本部 シニアプロダクトマーケティングマネージャ 本田豊氏
ヴイエムウェア マーケティング本部 シニアプロダクトマーケティングマネージャ 本田豊氏

 マーケティング本部 シニアプロダクトマーケティングマネージャを務める本田豊氏は、「現在は、PCと(スマートフォンなどの)モバイルデバイスの境界はなくなっている。また、SaaSの利用も浸透しており、IT部門にはさまざまなデバイスの異なるプラットフォーム上でアプリケーションを管理しなければならないなど、複雑な運用が要求されている」と指摘。単一プラットフォームによる管理の重要性を訴えた。Workspace ONEが提供する機能は、以下の5つに大別される。

  • セルフサービスによるクラウド、モバイル、Windowsアプリケーションへのアクセス機能
  • 私物か会社支給かを問わずに利用する機能
  • メール、カレンダー、コンテンツ、チャットなどのアプリをセキュアに利用する機能
  • 機密情報へのアクセス時のデータセキュリティとエンドポイント・コンプライアンスの遵守
  • リアルタイムのアプリ配信と自動化機能

 セルフサービスによるアクセスでは、エンドユーザー(利用者)はWorkspace ONEからの一回の認証でパーソナライズされた企業用アプリケーションストアにアクセスし、すべてのアプリケーションを利用できる。

 セキュリティの機能は、アクセス管理ポリシーエンジンである「ComplianceCheck Conditional Access」を統合し、さまざまな条件に応じてアプリケーションやデバイスのアクセスを制御できる。これにより、認証レベルやアクセス可能なネットワークの管理などの従来のID管理に加え、GPSの位置情報やアプリケーションのホワイトリストとブラックリスト、「AirWatch Mobile Securityアライアンスパートナー」から提供される外部プラグインなど、デバイスに関するコンプライアンスポリシーの追加が可能となっている。アプリケーションやデバイスに対しても、さまざまなポリシーを策定できるという。

 リアルタイムのアプリ配信と自動化では、アプリケーションのパッケージ化や配信、継続的な管理が簡素化された。IT部門は、アプリケーション配信の自動化や一括したアップデートの実行が可能で、ユーザーは、すべてのデバイスからWindowsアプリケーションにアクセスできるようになる。

 Workspace ONEには、「Evernote」「Gmail」「Yahoo!メール」といったウェブアプリケーション、「Atlassian Jira」「GitHub」「Jenkins」など外部のSaaSとも連携できる高性能なスワイプ機能やタッチ機能が実装されている。

Workspace ONEが提供する5つの機能
Workspace ONEが提供する5つの機能(ヴイエムウェア提供)
ヴイエムウェア ソリューションビジネス本部長 小林泰子氏
ヴイエムウェア ソリューションビジネス本部長 小林泰子氏

 ヴイエムウェアがエンドユーザコンピューティングに注力する背景には、同市場の急速な拡大と利用者のニーズが挙げられる。ソリューションビジネス本部長を務める小林泰子氏は、「われわれは直近2年間でエンドユーザコンピューティングに必要な技術を積極的に買収し、製品を強化してきた。昨年度のエンドユーザー部門の成長率は、グローバルで30%増(対前年度比)、日本ではさらに増加している」と語る。特に日本では、製造業など特定業界に特化した営業の強化と販売パートナーの拡充が結実しているとのことだ。

 Workspace ONEは、Standard、Advanced、Enterpriseの3エディションが用意される。Standardは私物端末の業務利用(BYOD)向けで、ID管理、クラウドアプリ(SaaS)やウェブアプリ(社内向け)、モバイル&シングルサインオンのほか、PIM (Personal Information Manager)、チャットなどの生産性向上アプリが包含される。

 AdvancedはStandardで提供される機能に加え、自社開発のモバイルアプリ、モバイルアプリセキュリティ、コンプライアンスポリシーの適用、デバイス管理のコンフィグレーションといった機能が提供される。EnterpriseではAdvancedのすべての機能に加え、仮想アプリとデスクトップ(Horizon View)が提供される。

 税別の市場想定価格は、クラウドを通じたサブスクリプションモデルで1ユーザーあたり1カ月980円から、オンプレミス環境に導入する永久ライセンスで、1ユーザーあたり1万8500円から。

Workspace ONEのラインアップ。3エディションが用意されている
Workspace ONEのラインアップ。3エディションが用意されている(ヴイエムウェア提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]