編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

SCSK、インフィニダットのハイブリッドストレージ「InfiniBox」拡販

NO BUDGET

2017-02-27 16:18

 インフィニダット ジャパンとSCSKは、サービスパートナー契約を締結した。2月23日に発表した。SCSKはインフィニダットのハイエンドストレージ「InfiniBox」の日本市場での拡販を進め、初年度の売上高10億円を目指す。

 InfiniBoxは、DRAMやSSD、大容量のニアラインSASドライブで構成されるハイブリッドストレージ。特許技術InfiniRAIDによる高並列処理が特長とし、100万IOPS以上の高性能、99.99999%の稼働率という高信頼性、2Pバイトを超える容量をシングルラックで提供し、グローバルで300以上の組織が利用していると説明する。

Infinidat製品の基本コンセプト(インフィニダット提供)
Infinidat製品の基本コンセプト(インフィニダット提供)
InfiniBox概要(インフィニダット提供)
InfiniBox概要(インフィニダット提供)

 インフィニダットとSCSKは今後、Infinidat製ストレージの提案、検証、導入、運用監視サービス、連携システムを含めた製品を順次提供していく。通信や金融、製薬、ヘルスケア、官公庁、地方自治体、製造、流通などの企業や団体に総所有コスト(TCO)の削減を着実に対応できるソリューションを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]