編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ティントリジャパン、ハイブリッドストレージ新製品を販売開始--性能25%向上

NO BUDGET

2016-10-09 07:00

 ティントリジャパンは9月26日、「Tintri VMstore T800ハイブリッド シリーズ」のハイエンドモデル「Tintri VMstore T885」の販売・出荷を開始したと発表した。本製品は、より高速なCPUを搭載し、またSSDに3次元NAND型フラッシュを採用、従来モデルから性能を25%ならびに論理実効容量を20%向上させたという。税別の参考価格は4857万6000円。


Tintri VMstore T885

 T885は、同社ハイブリッドシリーズの最上位モデルと位置付けられている。何百から何千といった仮想マシン(VM)が同時に稼働するような企業内IT部門、複数の部門があらゆるアプリケーションを運用するプライベート クラウド、ならびにマルチテナントによるパブリッククラウドやサービスプロバイダーの環境において、圧倒的なパフォーマンスと柔軟な拡張性を提供するという。

 T885の実効容量は61Tバイト、論理実効容量は120Tバイト(圧縮効果とVM単位のクローニング重複排除効果により2.0~2.5倍の圧縮率を想定)で、従来製品と比較して論理実効容量が20%拡張された。同時に性能は25%向上し、1筐体(4Uサイズ)で13万2千IOPSの性能を発揮するという(サポートVM数は3500)。さらに、オプションのVMスケールアウトソフトウェアにより32筐体を疎結合でスケールアウトすることができ、最大約422万IOPSという高性能な仮想環境向けストレージプールを実現できる。

 また今回の発表に伴い、1仮想マシンの最大vDisk容量を64Tバイトまでサポートするようになったとのこと。これにより、既存の物理ファイルサーバを仮想環境に移行してTintri VMstore上で稼働させることができ、ストレージの集約化や管理の簡素化を実現できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]