編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
企業決算

IBMの第1四半期、売上高は予想下回る--クラウド事業が好調

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-19 10:28

 IBMは米国時間4月18日、2017会計年度第1四半期(3月31日締め)を発表した。利益は予想を上回ったものの、売上高は予想を若干下回るという明暗入り交じった内容となった。また、サービスとしてのクラウドは年間売上高のランレートが86億ドルとなっている。

 売上高は前年同期比3%減の182億ドル、純利益は18億ドル(1株あたり1.85ドル)だった。また、非GAAPベースの1株あたり利益は2.38ドルだった。

 アナリストらは売上高を184億ドル、非GAAPベースの1株あたり利益を2.35ドルと予想していた。

 IBMの最高経営責任者(CEO)Ginny Rometty氏は、ブロックチェーンや量子コンピューティングといった先進テクノロジの開発をさらに推し進めていくと述べている。

 同社は2017年通期見通しについて、非GAAPベースの1株あたり利益が少なくとも13.80ドルになるとした。

 主な数値は以下の通りだ。

  • 第1四半期のクラウドの売上高は前年同期比33%増の35億ドル。
  • アナリティクスの売上高は前年同期比6%増、セキュリティの売上高は同9%増。
  • コグニティブソリューション(「IBM Watson」関連およびソリューションソフトウェア、トランザクションプロセッシングソフトウェアを含む)の売上高は前年同期比2.1%増の41億ドル。
  • グローバルビジネスサービス(コンサルティングおよびグローバルプロセスサービス、アプリケーション管理を含む)の売上高は前年同期比3%減の40億ドル。
  • テクノロジサービスおよびクラウドプラットフォーム(インフラサービスおよびテクニカルサポートサービス、統合ソフトウェアを含む)の売上高は前年同期比2.5%減の82億ドル。
  • システム(システムハードウェアとOSソフトウェアを含む)の売上高は前年同期比16.8%減の14億ドル。
IBM決算

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]