「Windows」システムファイルをマルウェアと誤検出、障害多数--「Webroot」で

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2017-04-26 10:22

 ウイルス対策製品「Webroot」を使っているすべての人にとって、大変な日となった。

 Webrootは米国時間4月24日にマルウェア定義のアップデートをリリースしたが、これをきっかけにソフトウェアが「Windows」のシステムファイルをマルウェアと誤検出し、世界中で膨大な数のマネージドシステムがダウンした。

 問題が発生したのは米国東部時間午後で、Webrootはこれらのファイルを誤ってW32.Trojan.Genとして検出し始めた(W32.Trojan.Genは本来、一般的なマルウェアとして知られる)。そのため、OSが有効に機能するために欠かせない重要なシステムファイルが隔離され、Windowsで使用できなくなった。

 本記事執筆時点で、Webrootのウェブサイトに公開されている掲示板のスレッドはすでに9ページにもわたって続いているほか、障害の発生はTwitterを見れば明らかだ

 多くのツイートを個別に見ると、BloombergFacebookなど複数の大手ウェブサイトもフィッシングサイトと認識されたことを確認しており、ユーザーはこれらのページにアクセスできなくなったという。

 セキュリティ関連情報の解説を発信しているSwiftOnSecurityのツイートによると、Webrootの問題は13分続いただけだったが、修正を求めるクライアントの数が膨大なために、問題を解決しようとする同社の取り組みはこう着状態に陥ったという。

 3000万人超のユーザーを抱えるというWebrootは現時点で、同ソフトウェアの「Home」エディション「Business」エディション向けの解決策を推奨したが、本記事執筆時点で、影響を受けるユーザー全体に向けた普遍的または具体的な解決策はまだ提供していない。

 Webrootの広報担当者は問題を認め、「修正パッチを作成中」だとしたが、修正の実施時期については明らかにしなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]