編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

AMD、16コアCPU「Ryzen Threadripper」を今夏リリースへ

Aloysius Low (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-06-01 10:39

 AMDの「Ryzen 9」シリーズの新しい16コア「1998X」CPUは、ハイエンドデスクトップでIntelの18コア「Core i9」に戦いを挑む準備ができているようだ。

 AMDは台北で開催中の「COMPUTEX 2017」で現地時間5月31日、報道陣向けイベントを開催してこの新CPUの概要を発表し、2017年夏に出荷を開始するとした。

 今回の動きは、AMDがIntelとNVIDIAの両社に追いつこうと努力する中でもたらされたものだ。この両社はCPUとGPUで、それぞれAMDに差を付けている。IDCによると、2016年、デスクトップPCにおけるAMDの市場シェアは10年間で最低の水準で、Intelの87%に対して、わずか13%のシェアしか獲得できなかったという。

 それでも、AMDの最高経営責任者(CEO)のLisa Su氏は記者会見で、明るい展望を示そうとした。

 「AMDはPC事業を本当に愛している。当社のCPUは1年当たり2億5000万台以上のPCを動かしている」(Su氏)

 新しいRyzen 9シリーズのCPU群(開発コード名:「Threadripper」)は、同社の「Zen」コアアーキテクチャをベースとしており、ベースモデルはCPU上に10コアを搭載する。Ryzen 9シリーズのCPUは全てクアッドチャネルDDR4メモリを搭載する。ASRockやASUS、Gigabyte、MSIといった台湾の主要ブランドは、Ryzen 9の出荷開始時までにマザーボードを準備する予定だ。価格はまだ発表されていないが、Intelに対して非常に競争力のある価格になるはずだ。

 AMDはノートPC向けの新APU「Ryzen Mobile」も発表した。Ryzen MobileはZenプロセッサのほか、「Vega」ベースのグラフィックスも搭載する。AMDによると、競合製品に比べて、より高速なパフォーマンスを提供するほか、バッテリパフォーマンスも優れているという。Ryzen Mobileは2017年後半にリリース予定だ。


提供:Aloysius Low/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]