「WannaCry」犯人、身代金のビットコインを全額引き出し--14万ドル相当

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年08月04日 10時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ランサムウェア「WannaCry」の出現から3カ月近くが経過した今、この世界規模のサイバー攻撃の首謀者は、奪った身代金をようやく引き出した。

 攻撃開始からの数カ月間、WannaCryによって奪われた身代金を含むビットコインウォレットは放置されていたが、英国時間8月3日、突然、ビットコインが引き出され始めた。

 ビットコインの引き出しが開始されたとき、ビットコインの価値の変動により、ウォレットの合計価値は約14万ドルになっていた。

 ビットコインの引き出しはまず英国夏時間午前4時10分、1分の間隔を開けて3回行われた。1回の引き出し額は7.3ビットコイン(2万55ドル)~9.67ビットコイン(2万6435ドル)で、合計すると奪われた身代金総額の約半分に相当する。

 その5分後、1分間隔で7ビットコイン(1万9318ドル)~10ビットコイン(2万7514ドル)の引き出しが3回行われた。その10分後、最後の引き出しが行われ、WannaCryウォレットのビットコイン残高はゼロになった。

 「WannaCryランサムウェアの作者にとって困難なのは、身元がばれない方法で自分のビットコインを洗浄または消費することだ」と、Secure Tradingのセキュリティ専門家、Mustafa Al-Bassam氏は米ZDNetに対して語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算