編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MozillaのビアードCEO、年内に辞任へ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-08-30 08:43

 「Firefox」の開発元であるMozilla Corporationの最高経営責任者(CEO)を5年以上にわたって務めてきたChris Beard氏が、2019年末に辞任する。在任中は、Mozillaの取り組みをウェブブラウザ以外に拡大し、蔓延するオンラインのトラッキングからユーザーのプライバシーを保護するという新しい優先事項に取り組むなどした。

Chris Beard氏
Chris Beard氏
提供:James Martin/CNET

 Beard氏は2014年にCEOに就任。共同創設者で技術責任者だったBrendan Eich氏が、同性婚に反対していたことについて政治的論争を巻き起こして辞任し、騒動の最中にあった時期だ。Beard氏がMozillaに入社したのは、当時業界を独占していたMicrosoftの「Internet Explorer」の牙城を崩してMozillaが世間に知られるようになった2004年のことだ。最高マーケティング責任者を務めていた2013年に一度同社を離れたが、その翌年にCEOとして復帰した。

 この10年間で、Googleの「Chrome」は、広く利用されているモバイルOS「Android」とともに配布できるというGoogleの強みに支えられて、支配的なウェブブラウザとなった。一方、Firefoxは、ブラウザを高速化するための「Quantum」という大掛かりで抜本的な取り組みにもかかわらず、シェアが縮小している。

 Beard氏の在任中に、Mozillaは、AndroidやAppleの「iPhone」に搭載されている「iOS」に対抗するスマートフォンOSの開発を目指した、Firefox OSという大規模プロジェクトを廃止している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]