編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ヴイエムウェア、堅調な第1四半期決算を発表--サブスクリプションとSaaS好調

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-29 09:50

 VMwareは米国時間5月28日、2021会計年度第1四半期決算(5月1日締め)を発表した。サブスクリプションとSaaSの売上高が前年同期比39%増となり、予想を上回る内容となった。

 売上高は前年同期比12%増の27億3000万ドル、利益は3億8600万ドル(1株あたり0.92ドル)となった。非GAAPベースの1株あたり利益は1.52ドルだった。

 アナリストらは売上高を26億4000万ドル、非GAAPベースの1株あたり利益を1.20ドルと予想していた。

 VMwareの最高経営責任者(CEO)Pat Gelsinger氏は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによりリモートワークへの移行を余儀なくされたクラウドプロバイダーや法人顧客にとって、同社のソフトウェアは必要不可欠な存在だと述べた。

 Gelsinger氏は同四半期、「VMware Workplace ONE」や「VMware Cloud on AWS」といった製品が好調だったと述べた。

 VMwareは第2四半期の見通しについて明らかにしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]