編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
調査

世界のPC出荷、この10年で最大の伸び--2020年に13.1%増

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)

2021-01-12 11:31

 リモートワークやオンライン学習の拡大などにより、2020年にPC出荷台数がこの10年で最大の伸びを記録したと、調査会社のIDCが発表した

IDCのデータ
2020年第4四半期のPC出荷台数(上段)と通年のPC出荷台数(下段)
提供:IDC

 IDCの四半期調査によると、世界のPC出荷台数は2020年第4四半期に9159万台に達し、前年同期比で26.1%の増加となった。また、2020年通期では3億260万台となり、前年比で13.1%増加した。

 IDCが定義するPC市場は、デスクトップPCとノートPC(「Chromebook」を含む)、およびワークステーションで構成されており、タブレットとx86サーバーは含まれていない。IDCによると、第4四半期のトップ3ベンダーの顔ぶれは前年同期と変わらず、レノボが25.2%のシェアを獲得してPC市場のトップを維持した。HPとDellはそれぞれ2位と3位で、これにAppleとAcerを加えた5社がトップ5を形成している。

 PC市場が年間でこれほどの伸びを示したのは、13.7%の成長を記録した2010年以来だという。その後の10年、PC市場は6年連続で縮小したことも、成長が横ばいの1年もあった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]