編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

アステラス製薬、「Adobe Experience Cloud」採用--医療関係者向け情報サイトを刷新

NO BUDGET

2021-05-27 15:15

 アドビは、アステラス製薬がデジタルエクスペリエンスソリューション「Adobe Experience Cloud」を導入し、医療関係者向け情報サイト「アステラス メディカルネット」を刷新したと発表した。

 今回、アドビのデジタルコンテンツ管理システム「Adobe Experience Manager」、分析アプリケーション「Adobe Analytics」、テスト&ターゲティングソリューション「Adobe Target」、データ管理基盤「Adobe Audience Manager」、マーケティングと営業の連携を強化する「Adobe Marketo Engage」なども導入/活用している。

アステラス メディカルネットの画面イメージ(出典:アドビ)
アステラス メディカルネットの画面イメージ(出典:アドビ)

 Experience Cloudを導入することで、アステラス メディカルネットの利用状況を理解し、ウェブサイトの利便性向上に向けた分析や、コンテンツニーズの把握をリアルタイムに行うことができるようになった。

 また、コンテンツの閲覧状況などを基に訪問者の関心に合わせてコンテンツの探しやすさを改善し、一貫したコンテンツ提供の品質を保つデザインシステムと編集管理ガバナンスにより、コンテンツ公開の速度が向上した。

 さらに、訪問者の関心に合わせたコンテンツを適切なタイミングで配信することで訪問者の興味を維持し、活用してもらいやすいウェブサイトを構築できた。

 同社は、これまでアステラス メディカルネットでのコンテンツ配信の迅速化/高度化に取り組んできたが、当初導入していたシステムでは柔軟性と拡張性に制限があり、コンテンツ配信の最適化が難しくなっていた。

 Experience Cloudについて同社は、常に最新機能を利用できるクラウドプラットフォームである点や、オウンドメディアの分析からコンテンツの最適化、配信に至るまで一貫して管理できる点を評価している。

 また、アドビのプロフェッショナルサービスが持つ対応能力の幅広さも採用の決め手になったという。このチームは、コンセプトやデザインの立案時から参画、ウェブサイトの構築まで一気通貫でアステラス製薬の顧客体験向上を支援している。また、ソリューションの導入と併せてアステラス製薬の従業員向けにデジタルマーケティング研修会を開催し、社内ブランドマーケターのスキル開発も支援している。

 アステラス製薬では今後の海外拠点での展開を見据え、今回導入した製品を利用して、オウンドメディアのリニューアルに関わる戦略の策定からブランドデザイン、コンテンツ制作、ソリューション実装までを、一気通貫のグローバル体制で実行することを目指している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]