Zoom、12言語のリアルタイム翻訳など複数の新機能を追加へ

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)

2021-09-14 11:47

 ビデオ会議プラットフォームのZoomは米国時間9月13日、年次カンファレンス「Zoomtopia」で複数の新機能を発表した。膨大な数のZoomユーザー向けに、ハイブリッド型勤務への移行を手助けすることを目的とする。

Zoomのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 まず、リアルタイム字幕の対応言語を拡大するとともに、リアルタイム翻訳機能を追加する。機械学習と自然言語処理を用いて発言をまず文字に起こし、それを各参加者の言語に翻訳すると、Zoom幹部陣は電話会見で説明した。対応言語はまだ確定していないが、2022年末までに字幕が30言語、翻訳が12言語に対応予定だという。

 「Zoom Whiteboard」は、在宅およびオフィス勤務者が、仮想のホワイトボードでコミュニケーションをとれる機能だ。デスクトップPCやタブレットからデジタルホワイトボードに書き込める。2021年内にベータ版を提供予定。

 ホットデスキング(hot desking)機能では、インタラクティブマップを使ってオフィスのデスクなどのスペースを従業員が予約できる。こちらは2021年内に提供予定だ。

 そのほか「Zoom Widget」は、ノートPCやデスクトップPCの画面に固定表示して会議スケジュールを見やすくする機能で、誰が会議に参加するか事前に確認したり、会議に遅れる場合はホストにメッセージを送信したりできる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]