編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ビジネスはマルチクラウドで
標準化される お客様のビジネス変革を
Cross-Cloud Servicesで支えるヴイエムウェア

  

企業の技術的意思決定者を対象としたVMware Digital Momentum Studyによれば、73%の企業がアプリケーションとインフラを提供するためにマルチクラウドの基盤を標準化している。 このマルチクラウド の基盤は、サービスを迅速化し運用管理を容易にする目的で構築されている。マルチクラウドを採用している企業は、そうでない企業と比較して、以下のようなビジネス上のメリットを得ている。

  • アプリケーションの迅速なデリバリーにより、収益が 35% 増加
  • ITインフラに費やすコストと時間を41%削減
  • 分散して勤務する従業員の生産性が35%向上
  

1つの基盤に縛られることなく、さまざまな異なる要件を持つシステムに適した基盤を適材適所で活用するマルチクラウドは、多様化するビジネスを支えるために必要な要素を兼ね備えている。しかし一方では、システムの複雑化による運用負荷向上、サイロ化などクリアすべき課題もある。

  

そうした状況の中でヴイエムウェアが提唱するのが、”Cross-Cloud Services(クロスクラウドサービス)”だ。中でも、VMware Cloudは、AWS をはじめとするクラウド上にvSphere環境を構築することができるため、既存資産やノウハウを活用しながらクラウドのメリットを享受することが可能だ。また、マルチクラウドの統合管理やKubernetesのアプリケーション開発など広範なサービスを提供している。

  

本特集では、目下最大のビジネス課題と言えるITモダナイゼーションへの現実解としてVMware Cloud on AWSを解説。さらにクラウドマイグレーション、アプリケーションのモダナイゼーション、事業継続、ワークプレイス、そして中堅企業におけるクラウド活用という、いま企業が直面している5つのテーマ毎にVMware Cloud を軸としたビジネスの価値を紹介していく。

  

Contents

テーマで絞り込みができます

  
提供:ヴイエムウェア株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2023年1月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]