編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アナログディスプレイ

用語の解説

アナログディスプレイとは

(analog display)
アナログディスプレイとは、アナログ信号を用いて映像を表示するディスプレイのことである。
PC内部では映像信号はデジタルで処理されており、パソコン内部でいったんアナログ信号に変換した上で、アナログRGB端子に接続されたアナログディスプレイに出力される。 CRTディスプレイは、1980年代前半の初期のパソコン用を除いて、一般にアナログディスプレイである。 他方、1990年代後半から普及した液晶ディスプレイはデジタルディスプレイであり、DVI(Digital Visual Interface)端子で接続してデジタル信号をそのまま出力させるか、アナログRGB端子に接続してディスプレイ内部でデジタル信号に再変換して表示している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]