編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

タグジャンプ

用語の解説

タグジャンプとは

(tag jump)
タグジャンプとは、ファイル名と行番号のようなタグ情報と呼ばれる情報に従い、そのファイルを自動的に開いてジャンプする機能である。
タグジャンプは、Grep検索の結果では桁位置を出力できることも多く、この場合には、文字位置にカーソルを位置付けることが可能である。 また、ソースプログラムのコンパイル時のエラー出力には、タグ情報が付加されて、エラー出力行でのダブルクリックで問題の位置にジャンプしてソースの修正位置に直ちにたどり着ける。 エディタでは、関数のあるファイルと位置をタグファイルと呼ばれるファイルに記録しておくことで、その関数が使われている場所から、関数の本体にジャンプして参照することができるものもある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]