トナー

用語の解説

トナーとは

(toner)
トナーとは、レーザープリンタなどでインクとして用いられる、微細な粉のことである。
通常はトナーカートリッジに封入されている。 コピー機やレーザープリンタでは、ドラムと呼ばれる帯電させた円柱の表面に、光で印刷すべき文字や図形を描き、光の当たった部分にトナーを付けて用紙に転写して印刷する仕組みになっている。 モノクロ印刷用のトナーは黒一色であり、カラー印刷用のプリンタはCMYKの4色のトナーが用いられる。 トナーの粒はきわめて微細である。 最近では、トナーカートリッジを回収したり、回収したカートリッジにトナーを再び詰めたりするサービスが登場している。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]