編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ハイプサイクル

用語の解説

ハイプサイクルとは

(ハイプ曲線,hype cycle,)
ハイプサイクルとは、主にIT関連で話題となる新技術がの認知度や期待度が、時間経過と共にどのように変化していくかを表した図のことである。
調査会社ガートナーによって考案された。 ハイプサイクルにおいて、認知度の推移は、大きく分けて「黎明期」「流行期」「反動期(幻滅期)」「回復期(啓蒙活動期)」「安定期」の5段階に分けられる。 「流行期」の中で期待度が最高潮に達した段階は、特に「過度な期待のピーク」(Peak of Inflated Expectations)と呼ばれる。 ハイプサイクルの典型的な流れは以下の通りである。 まず、新技術の登場時は盛んに紹介され(黎明期)、その可能性や将来性がもではやされる(流行期)。 やがて、空騒ぎの状態に陥った過度の期待は逆に幻滅を招き、期待度の急落させる(反動期)。 その後、生産性が安定していくに伴い、期待度も緩やかに上昇していき(回復期)、市場の成熟を迎える(安定期)。 グリーンITは、ガートナーが2008年8月に発表したハイプサイクルにおいて「過度な期待のピーク」に位置していた。 翌2009年8月の報告では、「反動期」に向かって下降を始める位置に置かれている。 また、グリーンITに代わってクラウドコンピューティングと電子書籍リーダーが「過度な期待のピーク」に位置している。 ハイプサイクルは、主に、新技術に対して投資を行うタイミングを判断するために指標として利用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]