編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ハミングコードチェック

用語の解説

ハミングコードチェックとは

(The Hamming Code for Error Correction)
ハミングコードチェックとは、データの誤りを検出する手法のひとつで、1950年にアメリカのベル研究所のハミング(Hamming)氏によって考案された手法のことである。
RAID-2の誤り訂正として用いられている。 ハミングコードは、伝送データをブロックに分けて、各ブロック内で誤り検出を行う「ブロック符号」の一種で、7ビットのうち4を情報ビット、残りの3を情報ビットのうち異なる3に対応するパリティビットとしたコードである。 この時、1ビットの誤りならば、3つのパリティビットに対して1回ずつ検査を行うことで、誤っているビットを検出したり、訂正することができる。 データの2進数の値を偶数と奇数で判別し誤り訂正する「奇偶検査」(パリティチェック)も、ハミングコードチェックの応用例であるといえる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]