編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

C to C

用語の解説

C to Cとは

(シートゥーシー,)
C to Cとは、一般消費者(consumer)と一般消費者との間で取り交わされる取引のことである。
特に電子商取引(eコマース)の分類として用いられることが多い呼び方である。 フリーマーケットや蚤の市などがC to Cの例であるが、インターネット上ではネットオークションが代表的なC to Cである。 Yahoo!などの大手ポータルサイトや、eBay社などの独立系のオークション事業者が提供しているオークションサイトを受けて、個人同士が商品を取り引きする。 ネットオークションで取り引きが成立すれば、決済や商品搬送などの必要が生じるため、C to CはB to Cの要素を身近にもっているといえる。 なお、C to Cのような電子商取引の形態としては、企業と企業との取引である「B to B」や、一般の消費者同士の取引である「C to C」、あるいは企業と提携先企業の従業員(Employee)との間で行われる取引である「B to E」などがある。 企業が政府や自治体(Government)との間で行なう「B to G」もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]