DataPlay

用語の解説

DataPlayとは

(データプレイ)
DataPlayとは、DataPlay社によって開発された直径32mmの小型の光ディスク媒体の名称である。
500MBの容量を持ち、一度書き込むと消去や再記録ができないライトワンスと呼ばれる方式を採用している。 また、著作権保護機能により、記録するデータを暗号化できるという特徴を持っている。 音楽やゲームなど、1枚のディスクに様々なコンテンツを記録することが可能で、専用のプレーヤで再生することができる。 カナダのEiger Labs Group社が、DataPlayを利用したMP3プレーヤーの開発を発表し、また、米Imation社とDataPlay社の提携などにより、各種のデバイスも発売されたが、余り普及はしていない。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]