編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

EVD

用語の解説

EVDとは

(イーブイディー,強化多用途ディスク,)
EVDとは、光ディスクの規格の一種で、1999年から中国で独自に開発が進められた規格のことである。
2004年に対応製品が発売されている。 EVDのディスク形状は直径120mm、厚さ1.2mmで、DVD規格のサイズと同じである。 データの読み書きが650nm(ナノメートル)の光波長によって行われる点もDVDと同じである。 記録できる映像の品質はDVDよりもEVDが優れており、DVDが約720×567の解像度で映像を再生しているのに対して、EVDでは1920×1080の解像度で映像を再生することが可能であるとされている。 記録容量はDVDもEVDも大差がないとされている。 EVDは中国独自に策定された仕様であるため、中国としては、従来のようにDVD規格を採用した場合に比べてライセンス料を低く抑えることが可能になる。 ライセンス料を抑えることができればプレーヤーなどの製品価格を下げることも可能になる。 そのため、中国では政府の支援の下で、国内における規格の標準化や普及が推進されている。 2006年12月には、海爾(ハイアール)など中国の電機大手メーカーらによってEVD対応型プレーヤーが多数発売され、同じ時期に中国政府からは、2008年をめどに現行のDVDプレーヤー生産を停止してEVD対応プレーヤーのに移行するという趣旨を含んだ声明文「北京宣言」が発表されている。 なお、EVDのように「次世代光ディスク」と総称される規格としては、DVDフォーラムが策定したHD DVDや、ソニーや松下電器産業が中心となって策定したブルーレイディスクなどを挙げることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]