編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

Express5800

用語の解説

Express5800とは

Express5800とは、NECがエンタープライズ向けに販売している、サーバー・ワークステーションのシリーズ名である。
Express5800シリーズ最初の製品は、1994年12月に登場した。 いわゆるオフコンに替わるシステムという位置づけであった。 当初から、IntelのCPUのアーキテクチャをベースとしたいわゆるIAサーバーであり、基本的な構造は一般的なPC製品と変わりない。 Express5800シリーズのラインアップとしては、事務所や店舗向けのタワー型から、データセンター向けのラックマウントサーバー、あるいは、低消費電力モデル、騒音抑制モデル、無停止型サーバー(フォールトトレラントサーバー)など、複数のモデルが用意されている。 加えて、防塵フィルタの装着など、柔軟なカスタマイズにも対応している。 2008年冬に発表されたシリーズ製品以降、シリーズのラインアップは、「データセンタライン」と「データステーションライン」の2つの系統に分類されている。 「データセンタライン」は、アプリケーションサーバーやデジタルサイネージなどで用いられる企業内データセンターへの設置が主に想定されており、省電力性や省スペース性、あるいは拡張性などが志向されている。 他方、「データステーションライン」は、主にオフィスや店舗といった現場向けモデルで、静音性やコンパクトさなどが志向されている。 2009年4月には、Intelの「Xeon 5500」を搭載したハイエンドモデル「SEGUENTE Express5800/56Xf」が発表されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]