編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

ExpressCard

用語の解説

ExpressCardとは

(エクスプレスカード)
ExpressCardとは、PCカードの規格を策定しているPCMCIAによって2003年に発表された、PCカードの後継規格となる拡張カードの規格である。
ExpressCardが提供する機能はPCカードと同様で、1つのカードスロットを利用してメモリカードアダプタやLANカード、拡張インターフェースといった複数の機能を利用可能にするものである。 PCカードとExpressCardとの間に互換性はなく、それぞれ形状も異なる。 ExpressCardでは、PCとの接続インターフェースにUSB 2.0、PCI Expressのどちらかが利用されている。 PCカードがパラレルインターフェースの転送方式であったのに対して、ExpressCardではシリアルインターフェースが採用されており、より高速なデータ転送を実現している。 また、ExpressCardはホットスワップに対応しており、電源を入れたまま抜き差しすることができるようになっている。 ExpressCardはPCカードに替わる規格として、家庭用のノートPCを中心に徐々に普及しつつある。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]