LHA

用語の解説

LHAとは

(エルエイチエー)
LHAとは、吉崎栄泰によって開発されたファイル圧縮ソフトの名称である。
LHAは、1988年にフリーソフトとして公開された。 元々は、MS-DOS向けに開発されたソフトウェアだったが、後にその他のOS向けのバージョンも多数登場している。 LHAは、データの圧縮とともにアーカイブを作成する機能を持っている。 LHAによって圧縮されたファイルには拡張子として「.lzh」が付く。 そのため、LHAで扱われるファイル形式は多くの場合LZH形式と呼称される。 ファイル圧縮の形式としては、世界的にZIPが多く利用されているが、日本国内においてはLZH形式もZIPと並んで広く普及している。 LZH形式をサポートしているファイル解凍ソフトも少なくない。 Windows XPは、ZIP形式を標準の圧縮フォルダの形式としているが、日本語版に限り、アドオンとしてLZH形式に対応した圧縮フォルダの提供を行っている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]