編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

TENORI-ON

用語の解説

TENORI-ONとは

(テノリオン,ヤマハ TENORI-ON,)
TENORI-ONとは、ヤマハ株式会社が開発した、LEDボタンの操作によって演奏を行う電子楽器である。
TENORI-ONは本体に16×16個のLEDボタンが配置された斬新なインターフェースを持っている。 このLEDボタンを押すことで音色が出る。 音階やテンポを意識せず、LEDボタンの押し方で感覚的に操作しても演奏が成立する。 押した音のボタンが光ることによって演奏を視覚的に楽しむこともできる。 基本的に、垂直方向が音階、水平方向が時間の流れ(音階の演奏順)を表しており、複数の演奏モードによって異なる楽しみ方ができる。 演奏データを記録し、テンポを変えたり、複数の演奏データを重ねたりするなどして、シンセサイザーやシーケンサーのように段階的に音楽を制作していくこともできる。 TENORI-ONは、ヤマハとメディアアーティスト岩井氏との共同作業によって開発された。 2007年4月に英国で発売され、2008年5月に日本国内でも販売が開始された。 2009年12月には、LEDを本体片面にのみ配置し、軽量化や低価格化を実現した廉価版モデル「TNR-O」が発売される。 TENORI-ON(TNR-O) TENORI-ONは、2008年度の第12回文化庁メディア芸術祭、エンターテインメント部門において大賞を受賞している。 なお、ヤマハは電子楽器の分野において、シンセサイザー、MIDI楽器、サイレントピアノといった、今日では当然となっている先進的製品を多々発表している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]