編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Viper

用語の解説

Viperとは

(バイパー,DB2 Viper,)
Viperとは、IBMが開発しているデータベース管理システム(DBMS)である「DB2」の開発コード名である。
初代Viperは「DB2 9」としてリリースされた。 Viperは、ネイティブなXMLデータ管理とリレーショナル・データ機能を兼ね備えるデータベースで、XMLデータと従来のリレーショナル・データとを連携させて管理する際に、XMLデータを別のフォーマットに変換したり、大きなデータベース用オブジェクトに格納したりする必要がない。 このため、データベース管理コストを削減でき、両形式のデータを扱うアプリケーションの開発にかかる手間と期間を減らせることができると言われている。 またViperは、XMLデータに対する検索などを行う問い合わせ言語XML Query(XQuery)にも対応しているため、標準的なSQLと組み合わせて使用できる。 さらに、Viperで「Zend Core for IBM」を利用することもできると発表されており、イスラエルZend TechnologiesのPHP向け環境との連携を実現することも計画されている。 2007年10月には、開発コード名「Viper 2」と呼ばれる製品が、「DB2 9.5」として登場する。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]