WEEE

用語の解説

WEEEとは

(ウィー,)
WEEEとは、電気・電子機器や家電製品の廃棄物を分別収集し、再利用を図らねばならないという趣旨の指令のことである。
WEEEでは廃棄物の埋め立て処分や焼却処分に伴う、堆積および焼却負荷の軽減が推進されるとともに、リサイクルの流れを生むことによる資源消費と環境汚染との低減を目的とする。 WEEE指令はヨーロッパ連合(EU)が欧州共通の規制として2003年3月に制定、発効したものであり、EC条約の第175条に追加されている。 同様の環境指令としては、WEEEのほかにRoHS(ローズ)も追加されている。 WEEEの規制によって、ヨーロッパ連合加盟国は、電気・電子機器廃棄物を一般の廃棄物とは分別して別個の回収システムを確立しなければならない。 また、製品を生産する者は、WEEEが指示する一定の基準を満たして認証を受けた管理システムによって製造しなくてはならない。 WEEE指令は欧州で制定されたものであるが、日本においても、ヨーロッパへ製品を輸出している立場としてWEEEの指針へ準拠する動きが進んでいる。 日本の欧州向け電子機器・電子部品はすべて、WEEEの規制に対応するために、欧州各国と同様の(廃棄までの流れを見据えた)再設計の必要に迫られている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]