編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

WarpCenter

用語の解説

WarpCenterとは

(ワープセンター)
WarpCenterとは、1996年12月に発売されたIBM社のOS「OS/2 Warp4」が搭載している、デスクトップ操作用のツールのことである。
WarpCenterは、OS/2 の前バージョンである「Warp3」において「ランチパッド」(LaunchPad)と呼ばれていたものが、機能面での改良を受けて改称されたものである。 WarpCenterの主な機能としては、デスクトップ上でのプログラムを再配置することで、Windowsにおけるランチャー機能のようにフォルダやオブジェクトへすばやくアクセスできるようにすることなどが挙げられる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]