編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

WAP2.0

用語の解説

WAP2.0とは

(ワップニーテンレー,)
WAP2.0とは、携帯電話などの移動通信端末を使ってインターネット情報を表示するための、通信プロトコルとコンテンツ記述言語の仕様のことである。
2001年8月に公開された。 WAP2.0は、1997年6月にEricsson社、Motorola社、Nokia社、Unwired Planet(現Openwave Systems)社によって設立されたWAP Forumが、1998年4月に「WAP 1.0」として公開した仕様の改訂版である。 WAP 1.0では、無線区間における転送においてはデータを圧縮するといった、遅い転送速度や少ないリソースでも効率的に通信できるような工夫がなされている。 その反面、無線通信の最適化を目指したあまりに、既存のインターネットの主要なプロトコルであるTCP/IPや、コンテンツ記述言語HTMLとの同調性が低いといった問題点が残ってしまった。 そのためWAPで利用できるコンテンツもなかなか増えなかった。 その後、携帯電話の処理能力の向上や通信速度の高速化に伴ってWAPはWAP2.0として新たに定義し直された。 通信プロトコルはTCP/IPベースとなり、記述言語はiモードでも採用されたコンパクトHTMLを基礎にしてXMLによる再定義を施したXHTML Basicに変更されるなど、各問題点の解消が図られている。 なおWAPは、KDDIの提供するEZwebサービスで採用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]