編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

WEP

用語の解説

WEPとは

(ウェップ,)
WEPとは、無線LANで安全な通信を行うための暗号化技術のことである。
WEPにおいて、通信を盗聴から守るために使用している暗号化技術は、RC4と呼ばれるストリーム暗号化手法である。 WEPでは、64ビット、または、128ビットの暗号化キーが使われる。 暗号化キーは、64ビットよりも128ビットの方が暗号強度が高く、通信の秘匿性が高いとされている。 しかし、比較的容易に解読されてしまうことが分かってきたため、その脆弱性の対策として、新たな暗号化技術であるWPA(Wi-Fi Protected Access)が2002年10月に登場した。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]