WebKit

用語の解説

WebKitとは

(ウェブキット)
WebKitとは、Apple Computer社によって開発されたシステムフレームワークの名称である。
WebKitはWebページの描画(レンダリング)やアプリケーションとしてのインターフェースを形成するためのフレームワークとして用いられている。 WebKitは、レンダリングエンジン「KHTML」を搭載しているMac OS X標準のWebブラウザ「Safari」をはじめとして、ダッシュボードやメール、RSSリーダーなど、Mac OS Xにおける様々なアプリケーションで採用されている。 2005年6月には、WebKitはオープンソースソフトウェア化され、「The WebKit Open Source Project」として自由に開発できるようになった。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan