編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ZAW

用語の解説

ZAWとは

(ゾー,)
ZAWとは、Microsoftが1997年に提唱した、WindowsにおけるTCOを削減するためにコンセプトである。
ZAWでは、Windowsマシンで構成されたネットワークにおいて、クライアント側にインストールされているプログラムやデスクトップ環境などをサーバー側で一元管理し、すべてのクライアントで同じ環境を実現するようにされる。 これによって、コンピュータの保守に必要な手間を簡略化し、管理コストの節約が図られる。 具体的には、ドライバなどをリモートからアップデートしたり、アプリケーションのインストールを自動的に行ったりすることが可能となる。 ZAWのコンセプトを実現するためのツールや端末として、TCO削減支援ソフトウェアであるZAK(Zero Administration Kit)、Net PC、Windows-based Terminalなどが提供された。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]