エグジットとは?

投資家や起業家が、会社に対するこれまでの投資の見返りを得る方法と言えよう。ここでスタートアップの創業者は大金を手に入れる。その方法としては、新規株式公開(IPO)や他社によるバイアウトなどがある。起業家とベンチャーキャピタリストらは通常、企業の成長過程で「エグジット戦略」を構築する。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  4. 4 ブロックチェーン

     ブロックチェーンとは、公開鍵暗号による電子署名技術とP2P(Peer-to-Peer)ネットワーク内での、合意形成により確定された...(続きを読む)

  5. 5 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  6. 6 ランサムウェア

    マルウェアの一種で、感染したコンピュータ上のファイルやデータの暗号化などによりユーザーのアクセスを制限するもの。その制限を解除するために、攻...(続きを読む)

  7. 7 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  8. 8 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  9. 9 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  10. 10 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

注目のキーワード

受給権(Vesting)
従業員が雇用主の提供するストックオプションや積立金の権利を得ること。この権利は通常、事前に決めた...
続きを読む
アメリカズカップ
世界最高峰の国際ヨットレースで「海のF1」とも呼ばれる。2016年には、その予選最終戦「ルイヴィトン・...
続きを読む
提案依頼書(Request For Proposal、RFP)
組織が複数のベンダーに対し可能性のあるソリューションやサービスの提示を求める正式な依頼書だ。組織...
続きを読む
スクラム
アジャイル開発の手法の1つ。反復的開発方式の1つで、ソフトウェアプロジェクトの管理に使用される。ス...
続きを読む
利害関係者、ステークホルダー
プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトの成果に利害関係のある人やグループを指す。通...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR