データセンタに最適なボックス型10G多ポートスイッチAX3830S   クラウド化にともなう「ネットワークの不安」を解消 - (page 3)

ZDNet Japan Ad Special

2011-06-01 11:00

[PR]ユーザーフレンドリーでハイパフォーマンスなネットワーク機器を提供するアラクサラネットワークス(以下、アラクサラ)が、このほどボックス型10G多ポートスイッチ「AX3830S」を開発した。データセンタや企業のネットワークにおける、広がる仮想化対応、省電力、低コスト化の要請に応える注目製品だ。

エンタープライズ分野にも対応する、これからの主力スイッチ

 AX3830Sは、データセンタだけでなく企業のネットワーク、いわゆるエンタープライズ向けとしても役立つものだ。

 エンタープライズの中小規模LANでは、コストを抑えるため、コアスイッチをシャーシ型スイッチからボックス型スイッチにリプレースするケースがある。但し、一般的にシャーシ型スイッチと比較して、ボックス型スイッチは機能が劣る傾向にあるので、中小規模LANのコアスイッチとしての要件を満たす製品であるかが重要である。

 その点で、AX3830Sは10G/1G混在環境でもシャーシと比較して、安価にシステム構築できる上、アラクサラが長年培ってきた豊富なルーティング機能を備えている。AX3830SはOSPFやBGPなどのダイナミックルーティングプロトコルやIPv6、マルチキャストに対応しており、コアスイッチとして十分な能力を有している。つまりAX3830Sであれば、エンタープライズ向けコアスイッチとして、十分に対応できるということだ。

図4:10G/1G混在環境では、シャーシ型スイッチと比べ安価なシステム構築ができる 図4:10G/1G混在環境では、シャーシ型スイッチと比べ安価なシステム構築ができる

 また、AX3830Sならネットワーク・パーティションによって仮想ネットワークも構築できる。

 この機能はグループ分けされた企業や大学、自治体などのLANを1つに束ね運用を効率化させるものだ。

図5:ネットワーク・パーティション 図5:ネットワーク・パーティション

 エンタープライズ分野でネットワークの仮想化を、というニーズは年々強まっている。各部門ごとに運用されているネットワークを1つに束ねれば、運用負荷は激減し、設備投資も合理化できる。そしてその束ねたネットワークを仮想化技術を使って論理的に独立したものとして管理するわけである。

 しかし、従来のネットワーク仮想化ソリューションは、キャリアなど広域バックボーンでの使用を前提としたものが多く、一般企業や公共機関などで利用するには、オーバースペックでコスト高、という問題があった。その問題を解消するのが、ネットワーク・パーティション機能なのだ。

 具体的には、VRF(Virtual Routing and Forwarding)およびVLAN(Virtual LAN)によってネットワークを論理的に分割し、VPN(Virtual Private Network)を構成する。VRFは装置内に論理的に分離された複数のルーティングテーブルを保持し、各ルーティングテーブルに従ってパケットを転送する機能だ。VRFにより、複数の拠点に分散したコンポーネントで構成する単一の仮想ネットワークを構築することができる。イメージとしては各部門のサーバネットワーク間で仕切りを設け、組織間の情報を遮断できるようになると考えればいいだろう。物理的にコアスイッチに集約されているが、論理的には仕切りが設けられ、セキュリティが保たれているのである。そして運用管理は一元化を実現しているというわけだ。

 さらに、データセンタ、エンタープライズ共に、ITシステムの省電力化が求められているが、AX3830Sは最大消費電力250Wと10G多ポートボックス製品としては省電力化を実現している。


 このようにAX3830Sはデータセンタ、エンタープライズ双方の現場の実情を熟知した設計となっている。より安全で高い信頼性を維持したネットワークを確立することで、クラウドに対する不安を一気に払拭する製品ともいえるAX3830S。悩めるシステム管理者の頼もしい味方となるに違いない。

アラクサラネットワークスのブランドプロミス
アラクサラネットワークスは、先進の情報通信テクノロジーにより、快適なビジネスインフラを創造し、安心と安全を支えるネットワークの進化を追求します。お客様を思うこころで、クリエイティブソリューションを共創し、ビジネス進化を支援しつづけます。世界のお客様との絆を深め、ビジネスの価値を最大限に高めることに貢献します。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]