湘南デザイン、シーメンスPLMソフトウェアのテクノロジーを活用し 試作品設計を改善

シーメンスPLMソフトウェア 2012年03月08日

シーメンスPLMソフトウェアは、湘南デザイン株式会社(神奈川県
相模原市、以下 湘南デザイン)がシーメンスPLMソフトウェアの
テクノロジー、NXを活用し3D開発プロセスを構築、デザインから
エンジニアリングまで、同一の3Dデータを活用することで生産性を
向上し、設計品質全体を大幅に改善したことを発表しました。


40年以上の経験を有する試作品設計のエキスパートである
湘南デザインは、開発プロセスの改善にNXを導入しました。
導入後は、デザイン画の完成直後からNXによるデジタルモデリングを
作成できるようになり、手戻り削減、期間短縮の効果をあげました。
また、Parasolidをベースフォーマットとして活用することにより、
従来発生していたデータ変換時の工数の大幅削減にも成功しました。


湘南デザインによるNXおよびParasolidの活用による主な効果は
下記の通りです:

・手戻りを40%削減 
・設計期間を30%短縮
・設計品質全体を改善 
・顧客から支給されたデータのインポートが100%に近い精度で実現 
・NXモジュールのMold Wizardを利用することでの金型設計工数を40%削減

※本事例の詳細については下記のWebサイトをご覧ください。
(リンク »)

湘南デザインについて
(リンク »)

NXについて
(リンク »)

Parasolidについて
(リンク »)


シーメンスPLMソフトウェアについて
(リンク »)

シーメンスPLMソフトウェア日本法人のTwitter アカウント
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。