編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

インテルが企業向けCPU戦略を発表 64ビット環境への移行を促進

奥隆朗(編集部)

2005-02-09 17:38

 インテルは2月9日、企業向けPC/サーバに搭載されるPentium4/Xeon両プロセッサの戦略発表会を行った。同発表会で、同社のエンタープライズ&ネットワークソリューション本部 プラットフォーム&ソリューションズマーケティング統括部長の平野浩介氏は、「企業向けPC/サーバに搭載されるプロセッサは、性能のほかに信頼性の向上を含めて、エンドユーザーの声を反映できる体制が整った」と説明。

インテル エンタープライズ&ネットワークソリューション本部 プラットフォーム&ソリューションズマーケティング統括部長 平野浩介氏

 また、ハードを変更してもドライバなどソフトの更新を必要とせず、管理機能に優れた「ステートフルプラットフォーム」などが高い評価を受けていることを解説。インテル自身もこうした声を反映して、プロセッサやチップセット単体ではなく、PC/サーバメーカーと協力しながら、トータルなプラットフォームをベースに開発を進めていくことを強調した。

 マーケティング本部 IAクライアント プロダクトマーケティング デスクトップ プロダクトマーケティングの荒木義満氏は、具体的な製品について解説。デスクトップPC向けの「Pentium4 6xx」を90日以内に出荷することをアナウンスした。

 「Pentium4 6xx」は、2次キャッシュが従来の2倍である2MBまで拡張されたほか、負荷に合わせてプロセッサの処理能力を調節し省電力・低発熱を実現する「拡張版 Intel Speed Step(EIST)」、64ビットプログラムを実行するための「EM64T(Extended Memory 64 Technology)」などを搭載するのが特徴だ。

インテル マーケティング本部 IAクライアント プロダクトマーケティング デスクトップ プロダクトマーケティング 荒木義満氏

 一方、サーバ/ワークステーション向けの「64ビット インテル Xeonプロセッサ」は、従来から「EM64T」と「EIST」を搭載している。次期出荷製品は、新たに「Pentium4 6xx」と同様2次キャッシュを2MBに拡張する。この結果、従来の「64ビット インテル Xeonプロセッサ」と比較して、同周波数の場合でも高い性能を発揮できるという。なお、インテルでは、2005年後半にはデュアルコアを搭載したプロセッサをデスクトップ/サーバの両製品で投入する予定。

 最後に同社は「64ビット インテル Xeonプロセッサ」と完全な64ビットプロセッサである「Itanium 2」との棲み分けについても説明。「Itanium 2」は、メインフレームやRISC系プロセッサを使用したエンタープライズ系システムの置き換えを、それ以下のものを「64ビット インテル Xeonプロセッサ」で狙っていくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]