米ヤフー、第4四半期および通年決算を発表--予想を上回る好調

Jim Hu (CNET News.com) 2005年01月19日 19時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yahooは米国時間18日、2004年度第4四半期および通年の業績が金融アナリストの期待を上回ったことを発表した。

 ネット企業を代表する同社は、12月末締めの四半期に3億7300万ドル(1株あたり25セント)の利益を上げた。この数字にはGoogle株の売却益1億8500万ドル(1株あたり13セント)も含まれており、この分を除いた場合の利益は1億8500万ドル(1株あたり12セント)となる。

 Thomson First Callが集計したアナリストらの予想平均値は、1株あたりの利益が11セントで、Yahooはこの予想値を超える利益を上げたことになる。

 2004年度通年では、利益が8億4800万ドル(1株あたり58セント)となったが、これには投資売却や税制上の優遇措置による3億1400万ドルも含まれる。この分を除いた場合、通年の純利益は5億2600万ドル(1株あたり36セント)となり、前年の2億3800万ドル(1株あたり18セント)から大幅な増加となった。

 Overture Services部門のトラフィック獲得コスト(TAC)を除いた売上高は、第4四半期に7億8500万ドルに達し、通年では26億ドルとなった。なお、前年同四半期の売上高は5億1130万ドルで、また2003年度通期の売上は14億7000万ドルだった。

 YahooではTACを除いた売上を重視しており、こちらのほうが自社の検索ビジネスの実態をより正確に反映したものだとしている。ちなみに、TACを含んだ場合の売上高は第4四半期が10億8000万ドルで、通年では35億8000万ドルとなる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算