マスメール型ワーム「Mytob」の亜種2種類が出現

Matt Hines(CNET News.com) 2005年03月30日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マスメール型ワーム「Mytob」が急速に感染を広げている。3月に入ってからも、同ワームの亜種は十数種類以上出現しており、先週だけでも8種類が見つかっている。

 セキュリティ対策ソフトウェアメーカーのSymantecは米国時間28日、Mytobの亜種が2種類出現したと、警告を発した。同社は、「W32.Mytob.R」「W32.Mytob.S」と呼ばれるこれらの亜種の脅威を、これまでに発見された亜種と同じ「低」と「中」に分類している。Symantecはユーザーに対し、ただちにセキュリティ対策ソフトをアップデートしてPCを保護するように呼びかけている。

 他のMytobの亜種と同様に、これら2つの亜種もバックドア機能を備えている大量メール送信ワームで、MicrosoftのWindowsオペレーティングシステム(OS)の稼働するPCに侵入する。これらワームは、侵入先のPCから収集した電子メールアドレスに対し、独自のSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)エンジンを用いて自身を送信する。また、Microsoft Windows Local Security Authority Serviceに存在したリモートバッファオーバーフローの脆弱性を悪用して感染を広めるという。同脆弱性に対応したパッチは、すでにMicrosoftからセキュリティアップデートを通して配布されている。

 これらの亜種は、WindowsのHostsファイルにテキストを追加することにより、ユーザーPCがSymantec、McAfee、Microsoftなどの複数のセキュリティ関連ウェブサイトにアクセスするのを遮断する。

 Symantecによると「Mytob.R」「Mytob.S」の送信する電子メールに記載される送信者名/件名/本文には何種類ものパターンがあるという。例えば、件名には「Good day」「Mail Transaction Failed」などと書かれているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算