マスメール型ワーム「Mytob」の亜種2種類が出現

Matt Hines(CNET News.com)

2005-03-30 16:00

 マスメール型ワーム「Mytob」が急速に感染を広げている。3月に入ってからも、同ワームの亜種は十数種類以上出現しており、先週だけでも8種類が見つかっている。

 セキュリティ対策ソフトウェアメーカーのSymantecは米国時間28日、Mytobの亜種が2種類出現したと、警告を発した。同社は、「W32.Mytob.R」「W32.Mytob.S」と呼ばれるこれらの亜種の脅威を、これまでに発見された亜種と同じ「低」と「中」に分類している。Symantecはユーザーに対し、ただちにセキュリティ対策ソフトをアップデートしてPCを保護するように呼びかけている。

 他のMytobの亜種と同様に、これら2つの亜種もバックドア機能を備えている大量メール送信ワームで、MicrosoftのWindowsオペレーティングシステム(OS)の稼働するPCに侵入する。これらワームは、侵入先のPCから収集した電子メールアドレスに対し、独自のSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)エンジンを用いて自身を送信する。また、Microsoft Windows Local Security Authority Serviceに存在したリモートバッファオーバーフローの脆弱性を悪用して感染を広めるという。同脆弱性に対応したパッチは、すでにMicrosoftからセキュリティアップデートを通して配布されている。

 これらの亜種は、WindowsのHostsファイルにテキストを追加することにより、ユーザーPCがSymantec、McAfee、Microsoftなどの複数のセキュリティ関連ウェブサイトにアクセスするのを遮断する。

 Symantecによると「Mytob.R」「Mytob.S」の送信する電子メールに記載される送信者名/件名/本文には何種類ものパターンがあるという。例えば、件名には「Good day」「Mail Transaction Failed」などと書かれているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]