編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

レッドハット、Linuxカーネル2.6採用のRHEL 4を国内で発売

ニューズフロント

2005-04-05 14:36

 レッドハットは4月5日、Linuxカーネル2.6採用の企業向けOS「Red Hat Enterprise Linux 4」の国内販売を開始すると発表した。同社では「旧版との高い互換性を維持しながら、サーバのパフォーマンスやスケーラビリティを向上させた」としている。2005年4月中旬に出荷を開始する予定。

 SELinuxを実装するなど、「特に高度なセキュリティ機能に重点を置いて開発した」(同社)。また、Non-Uniform Memory Architecture(NUMA)に対応し、データストレージサブシステムのスケーラビリティ/パフォーマンス向上など、数多くの改良を施したという。

 対応ハードウェアアーキテクチャは、64ビットインテルXeonおよびインテルItanium、AMD64、IBM POWER、IBM zSeries、IBM S/390、その他x86システム。

 旧版と同じく、サブスクリプション形式で提供する。現行Red Hat Enterprise Linux契約ユーザーは、管理サービスであるRed Hat Networkを通じて無償バージョンアップが可能。各バージョンの概要とサブスクリプション価格は以下の通り。

  • Red Hat Enterprise Linux AS:
    大規模環境向けのハイエンドサーバ。Standard(20万7900円)とPremium(34万6500円)の2種類
  • Red Hat Enterprise Linux ES:
    ファイルサーバ、電子メールサーバ、ウェブサーバ向け。Standard(10万4790円)のみ
  • Red Hat Enterprise Linux WS:
    Linuxパワーユーザー向けで、画像処理やソフトウェア開発、設計などでの利用を想定。Standard(4万1790円)のみ
  • Red Hat Desktop:
    クライアントユーザー向けOS。エンタイトル数50のExtension Pack(48万900円)のみ

レッドハットのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]