編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

レッドハット、2005年度通期および第4四半期決算を発表

Martin LaMonica (CNET News.com)

2005-04-01 17:31

 Red Hatが米国時間31日、第4四半期(2月28日締め)決算の発表を行った。Linuxオペレーティングシステム(OS)のサブスクリプション契約が増加したことが追い風となり、同四半期の売上は前年同期より50%以上も増加して、アナリストの予測を上回った。

 同社が発表した第4四半期の売上高は前年同期比56%増の5750万ドル。2005年度通期の売上は、前年比58%増の1億9650万ドルだった。

 第4四半期の利益高は1180万ドル(1株あたり6セント)で、アナリストの予測値と一致した。通期利益は4540万ドル(1株あたり24セント)だった。

 Red Hatは売上が拡大した理由として、企業と交わしたLinux OSと関連サービスの契約数が増えたことを挙げている。第4四半期に同社が締結したサブスクリプション契約は、新規と更新をあわせて17万5000件に達したという。企業へのサブスクリプション販売から得た売上は前年同期比19%増の4540万ドルだった。

 同社最高経営責任者(CEO)のMatthew Szulickは「これは、Linux市場が成長していること、そしてわれわれが依然としてLinux市場における有力なプレイヤーであることの証しだ」と述べた。

 同社は2004年、ウェブサーバやセキュリティ製品群などのNetscapeの技術をTime Warnerから買収している。この事業の実績についてRed Hatは、思ったより順調に推移していると述べた。また同社幹部は、米国以外の市場、特に欧州市場での売上も好調だったと述べた。

 Red Hatは会計年度2006年についても明るい見通しを立てている。同社は、2006年度通年の売上高が約40%伸び、2億7000万ドルから2億8000万ドルになると予想している。

 Red Hat株はこの日、10.91ドルで通常取引を終えたが、時間外取引で6セント下がり、10.85ドルになった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]