編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

住商情報システム、ITガバナンス支援ソリューションを発表

ニューズフロント

2005-04-18 15:02

 住商情報システムは4月18日、企業/公共機関によるITガバナンスを支援するソフトウェア製品「ITM Business Suite V2.0 日本語版」の提供を4月25日に開始すると発表した。コンサルティングおよび構築などを含むソリューションも合わせて用意する。

 同ソフトウェアは、米ITM Softwareが開発した製品。中心となるITナレッジベースであるITM Software Foundationと、ファイナンスリソース管理(FRM:Financial Resource Management)、プロジェクトポートフォリオ管理(PPM:Project Portfolio Management)、ベンダーリレーションシップ管理(VRM:Vendor Relationship Management)、ガバナンス・コンプライアンス管理(GCM:Governance and Compliance Management)、ヒューマンキャピタル管理(HCM:Human Capital Management)という5種類のアプリケーションモジュールで構成される。これらを組み合わせて財務管理を行うことで、コストの可視化やITリソースの最適な配分/管理が可能になるという。

 各構成要素の概要は以下の通り。

  • ITM Software Foundation:
     IT管理に必要な情報を「サービス」「クライアント」「ビジネスプロセス」など7つのカテゴリに分けて蓄積し、アプリケーションモジュールにおける必要情報を管理する
  • FRM:
     IT、業務種別、財務という3つの視点からIT財務の把握を支援する
  • PPM:
     最重要プロジェクトの特定や優先順位の設定を行うことで、ビジネスやプロジェクトの観点から、IT投資の価値を最大限引き出す
  • VRM:
     ベンダー費用に焦点をあて、ベンダー情報の視認性向上、最大価値を提供するベンダーの選択、ベンダーに起因するビジネスインパクトの把握を図る
  • GCM:
     ITプロセス/リスク/コントロールの定義とカタログ化、アセスメント活動の監視と評価などにより、全社的なIT効果の評価を行う
  • HCM:
     IT組織に対する要求分析、IT組織のキャパシティ分析を行い、合理的なリソース計画を立案する

 ITM Software Foundationと1つのアプリケーションモジュールによる最小構成時のライセンス価格は、100ユーザーまでで2500万円。発売初年度に10セットの販売を目指す。

住商情報システム

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]