編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

KVHが、設計・構築・保守・運用サービスを通信回線とセットで提供

日川佳三(編集部)

2005-04-28 20:05

 通信サービス事業者のKVHは5月1日、遠隔拠点を持つ企業向けに、運用管理付きの通信サービス「マネージドVPNサービス」の提供を始める。SIベンダーの領域である、ネットワークの設計・構築から運用管理までを、通信サービスとセットで販売する。販売目標は、初年度100社。

 ネットワーク構築では、同社の主要サービスである、MPLS(Multiprotocol Label Switching)網にイーサネットフレームを流すEoMPLS(Ethernet over MPLS)サービス「Ether-MAN Plus」に加え、他社の通信サービスなどを組み合わせて設計できる。

 EoMPLSは、企業のイーサネットLANを遠隔拠点まで広げる広域イーサネット・サービスの新しい形態の1つである。ラベルをIPパケットに付与してルーター・ネットワークに新たな伝送路を設定するMPLS技術によって、信頼性の確保とQoS(Quality of Service)を実現するものだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]