編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

IBM、1万人規模のリストラを発表--2006年には10億ドルのコスト削減へ

Martin LaMonica(CNET News.com)

2005-05-06 10:46

 IBMは米国時間5日、同社が実施するリストラにより、今年度に最大で5億ドルを、そして2006年にはその2倍のコストを削減できると想定していることを明らかにした。

 同社は4日、全従業員の約4%に相当する1万〜1万3000人の人員削減と、欧州事業を合理化する計画を発表した。これに伴い、同社は13億〜17億ドルの損失を計上する。

 同社最高財務責任者(CFO)のMark Loughridgeは、5日に行われた電話会議のなかでこの計画の詳細を説明し、「さらに競争力のあるコスト構造」が実現すると述べた。

 Loughridgeによると、人員削減の大半は欧州で実施され、IBMのGlobal Services部門が中心になるという。

 IBMでは、先ごろ発表した第1四半期決算が期待はずれな結果に終わったことから、大規模なリストラが予想されていた。第1四半期には、フランス、ドイツ、イタリア、英国で業績が低迷していた。

 IBMはコスト削減に向け、西欧からよりコストの安い地域へと複数の拠点を移す。同社はまた、職務の重複やサポートサービスコストの削減に向け、職能の「標準化」も目指すことになると、Loughridgeは述べた。

 IBMは、欧州では希望退職を募って従業員数の削減を進める計画だが、米国では強制解雇も実施することになる。同社はすでに欧州の労働組合と交渉を開始している。

 「特に西欧など一部の国で市場の状況が芳しくなく、さらに自然な離職者も少ないことから、余剰人員が発生し、市場の需要とスキルの間にズレが生じていた」(Loughridge)

 今回の人員削減は、サービス契約の利益率改善を目指すGlobal Servicesの組織改革に向けた取り組みの一環。Global Servicesは、960億ドルというIBMの売上高のほぼ半分を稼ぎ出している。

 Loughridgeはまた、IBMによる欧州での経営構造の見直しについても言及した。同社は経営幹部の階層を減らし、意志決定の迅速化と手続きの簡略化を実現していく。

 IBMは「顧客と直接かかわる」営業の社員はそのまま残すため、組織再編による売上面での混乱は予想していないとLoughridgeは述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]