編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

インサイトテクノロジー、情報漏えい監視システム「PISO 2.1」を出荷

エースラッシュ

2005-06-20 18:56

 インサイトテクノロジーは6月20日、情報のセキュリティレベルに応じたアクセス監査を実現する「PISO 2.1」を出荷したと発表した。

「PISO」は、Oracle Databaseに対するアクセスを記録/監視する情報漏えい監視システムだ。このシステムにはメモリ上から直接アクセス履歴を低負荷で取得する「SQL collector」を採用しており、システムパフォーマンスや生産性の低下を抑えることができるというもの。

 今回の「PISO 2.1」には「オブジェクト・セキュリティレベル」という概念を新採用。個人情報や特許情報など機密情報を格納したOracleオブジェクトに対して、5段階のセキュリティレベルを設定してアクセスを監査することができる。情報漏えい時には機密性の高い情報を他の情報と区別してアクセスを監査、監査証跡となる大量のアクセスログを検索/調査する機能も強化した。

 さらに、大量のアクセスログから不正アクセスを時間帯別に絞り込む「「タイムフレームウィンドウ」を採用し、24時間のうち不正アクセスが多く発生した時間帯をチャートから把握、選択した時間帯のアクセスログを参照/抽出することも可能だ。そのほか、機密情報別/データにアクセスしたユーザ別にアクセスログの絞り込みも行える。

 価格は監視エージェントが100万円から。ログ蓄積・分析サーバが360万円から。

インサイトテクノロジー

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]